トップ > おもしろニュース > 【修羅場】小学生の頃、父と母の同窓会について行った。近所のスナックのママが「昔あんたたちのお父さんのことが好きだったのよー」そこから気が付いたら母の悪口だらけ
ノアコインは初年度20% 複利で40年に渡って利子が付きます
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ


【修羅場】小学生の頃、父と母の同窓会について行った。近所のスナックのママが「昔あんたたちのお父さんのことが好きだったのよー」そこから気が付いたら母の悪口だらけ

2017年10月26日(木) おもしろニュース
b18c22b8-s

119: 名無しさん@おーぷん 2016/10/16(日)18:26:22 ID:nnA

私の父と母は、小学生の頃からの同級生同士で結婚した。
もう20年以上も前の話だが、その当時の同級生の同窓会に父と母が呼ばれ、当時小学生の私や妹もついてった。
最初は他の同じ年くらいの子たちと遊んでいたが、しばらくして、近所のスナックのママ(この人も同級生だったそうだ)が、酔っ払って私と妹に絡んできた。
「昔あんたたちのお父さんのことが好きだったのよー」の話から始まり、そこから気が付いたら母の悪口だらけ。(詳細は忘れた。)
妹が半ベソかき出して、私もほとほと困ってたら、美恵ちゃん(仮名・母の親友)が入ってきて、
「あんたのバカは変わらないわね。昔もそうやって、根も葉もない洋子ちゃん(仮名・母の名前)の悪口言いふらしてたわよねwそんなだからフラレるのよー」ときつく反撃。
スナックママが「んだとぉ⁉」とキレだし、美恵ちゃんの胸ぐらを掴み立ち上がりだした。
流石に、両親や周りの大人も気が付き、数人で仲裁に入った。
スナックママは、母に「あんたのせいよ、あんたが邪魔したんだから!」「私が子供産めなくてふじこふじこ」して泣き叫ぶ。母は私と妹に抱き寄せ、悲しそうに俯いてる。
そんな中、普段無口な父が「お前は何を勘違いしてるんだ。お前のことを特別に思ったことなんて一度もない!」と一喝した。
みんなポカーンとする中、スナックママはふじこふじこしつつ、一人の男の人に担がれて連れ出され、帰ってこなかった。

続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。