トップ > おもしろニュース > 【呆然】右目にモノモライができた。眼医者は「うちではできないので紹介します。」ってことで別の医院へ。手術したら試合後の幕之内一歩がそこにいた
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
なぜノアコインなのか?


【呆然】右目にモノモライができた。眼医者は「うちではできないので紹介します。」ってことで別の医院へ。手術したら試合後の幕之内一歩がそこにいた

2017年10月13日(金) おもしろニュース
bc19bd60

339: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)23:22:23 ID:ard

痛い系の話なんだけど、自分にとっては笑える衝撃だったというか。

ちょうど一年前、右目にモノモライができた。
職場近くの眼科で診てもらって目薬もらってさしてたんだけど、なかなか治らない。
2週間くらいしても全然腫れがひかなくて、眼医者は「たぶん切開しないとダメかも。うちではできないので紹介します。」ってことで別の医院へ。
いつまでも目が腫れているのも嫌だったので「切開したら早く治ると聞いたのでお願いします」と。
先生も「お、そうかい。」ってな感じで、2日後にセッティングしてもらって手術。

手術といっても目の周りの麻酔して、切って腫れてる中身だして・・・で30分くらいで終わり。
もっと痛い施術は体験してたので切るのと麻酔は大したことなかった。
ただ瞼を裏返してそこを切ったらしく裏返した瞼を止めておくクリップ?のようなものがすごく痛かった。それでも5分くらいだから我慢できたが。

先生曰く、「クリップで無理矢理とめて切開する施術だから、しばらく目の周りがすごく腫れるので」と。

続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。